川崎の奇祭、かなまら祭り

どうも、コブです。

日本全国、津々浦々。

祭りの形は土地それぞれ。

神奈川県川崎市、金山神社(かなやまじんじゃ)という神社では、毎年4月の第1日曜日にある奇祭が行われます。

その名も、

 

『かなまら祭り』

 

どんなお祭りかというと、男性のアレを模した神輿が町を巡行し、子孫繁栄や商売繁盛などを願う、というものすごく神聖なお祭りです。

という訳で、簡単にですが川崎の奇祭「かなまら祭り」ご紹介。

 

場所

金山神社(かなやまじんじゃ)

住所:神奈川県川崎市川崎区大師駅前2丁目13-16

最寄駅は京急大師線の川崎大師駅です。駅からは歩いて10分弱。

金山神社は、正確に言えば若宮八幡宮の境内にある神社ですので、GoogleMapどおりに行くと、若宮八幡宮の鳥居にたどり着きますが、そこで合っています。

というか盛大にイベントをしていますので、すぐわかると思います。

ちなみに神社のすぐ隣は幼稚園です。

英才教育ですね。

 

実際の様子

私がかなまら祭りに行ったのは2015年だったのですが、その時はあいにく雨模様でした。

しかし、それでもすごい人込みでした。

 

参道や境内では松茸やアワビのような形をした飴が売られており、いたる所にそれをおいしそうに舐めている人がいます。

午後イチには「かなまら舟神輿」・「エリザベス神輿」・「かなまら大神輿」の3つの立派な神輿が町を巡回します。

↑の写真は境内に戻ってきて奉納された後のもの。左の黒光りは「かなまら舟神輿」。そして右の極太ピンクは「エリザベス神輿」。

残念ながら、祭りに到着した時間が遅くて、巡回の様子は撮影できませんでしたが、しかしその見事な姿はまさに御神体、否、御チン体と呼ぶにふさわしいです。

 

そしてこの祭り、海外でとても有名なようです。

観光客の約半分近くは外国人なんじゃないか、というぐらいたくさんいます。


黒光りする素敵なモニュメントと記念撮影をする、外国人のお姉さん。

とても楽しそうで何よりです。クールジャパンですね。


↑怪しいキノコの被り物もモテモテなご様子。


↑なぜかバンド演奏まで始まります。

ものすごくカオスな祭りですね。

また、境内ではこんな日本酒が売られていました。

読み方は「きんぎょく」「ばんこ」。

全く卑猥ではありませんね。

知り合いの新婚夫婦に、お土産として買って帰ってやりました。

子宝にでも恵まれてしまえ!

 

まとめ

上の写真は2015年のものなので、少し古いです。

祭りの仕様が変わっている可能性もありますので、ご了承ください。

 

日本が世界に誇る奇祭「かなまら祭り」

想像していたよりもカオスな祭りですが、そこには国境なんて関係なくみんなで楽しもうじゃないか、という素敵な想いが垣間見えました。

恥ずかしがらずに、一度見に行ってみてはいかがでしょうか。

 

なお、「かなまら祭り」はあくまで神事です。

調子に乗って本当にイチモツをさらけ出したりすると、普通に警察沙汰になります。
(実際にあったらしいです。)

みんなで楽しむ祭りです。自分本位な迷惑行為は慎みましょう。

自粛なんてことになったら、だれも得しないでしょ。

 

では、また。