パチンコの換金ってどうするの?~三店方式について~

※この記事には、パチンコを否定したり、あるいは称賛したりする意図はありません。三店方式のスキームの解説です。

 

どうも、コブです。

最近、カジノとかギャンブル依存症対策等のニュースをたびたび見かけますよね。

IR法の成立に伴い、公営ギャンブルをはじめパチンコ店も依存症対策等で対応を求められています。

刑法185条では、賭博(ギャンブル)は禁止されています。しかし、パチンコ店って全国津々浦々にありますよね。

じゃあパチンコってギャンブルではない?

パチンコがギャンブルか否かという質疑は、いろいろな所でされるのですが、政府の見解は一貫して次のような感じです。

要するに「風営法に則って営業しているパチンコ店は、刑法185条の賭博ではないよということです。

そもそも刑法では射幸心(簡単に言うとラッキーが欲しい心理)を助長する行為が禁止されていて、パチンコも射幸心を助長する恐れがあるものとされています。

しかし風営法でその射幸心を煽る行為を規制しているので、直ちに違法とは言えない、だからパチンコ店でパチンコをしても大丈夫!という論理です。

わかったようなわからないような論理ですが、そういうものなんです。

まぁ細かく言えば技術介入とか景品金額とか、賭博回避の根拠はいろいろあります。

 

で、この記事の本題ですが、風営法ではパチンコ店が

「現金又は有価証券賞品として提供すること

客に提供した賞品を買い取ること(自家買い)

を禁止しています。

現金を提供できるようにしてしまうと、「めっちゃ射幸心煽ってるやん?賭博ちゃうの?」ということになってしまいます。

それを回避するために作られたスキームがいわゆる三店方式です。

では三店方式をざっくり解説してみましょう。

 

大当たりして出た玉を現金にするには

パチンコ好きの人の会話の中で、「この間パチンコで○○円勝ったわ。」というセリフを聞くことありますよね。

パチンコ台が大当たりして、玉がいっぱい出ればお金が手に入る、というのはパチンコを打たない人でもわかると思います。

しかし、風営法ではその玉を換金することってできないはずですよね?

だってお店は客に現金を提供できないはずですから。

確かに、パチンコ店内で玉を直接現金に換えることはできません。

ではどうするのかというと、特殊景品なるものを使います。

(↑こんなの。写真はWikipediaの三店方式の記事より)

パチンコ台が大当たりすると玉がたくさん出ます。

その玉を計数し、データに変えます(レシートやカード)。

それを店内の景品カウンターに持っていくと、出玉の数に応じた特殊景品がもらえます。

で、その特殊景品をどうするのかというと、店外にある景品買取所に持っていきます。

景品買取所で特殊景品を買い取ってもらうことで、現金を入手できます。

パチンコを普段打つ人なら常識かもしれませんが、こんな流れになっています。

ちなみにパチンコ店と景品買取所は、一応無関係です。

店員さんに「換金所どこですか?」と聞いても、はっきり「あちらにあります!」とは教えてもらえません。

大体は「存じ上げません」とか、「あちらの出口から出て行かれる方が多いですねぇ・・・」のような、ふんわりした言い方になります。

だって知らないんですから。

パチンコ店の近くにある古物商が特殊景品の買取をやっている、というだけです。

 

三店方式とは

では三店方式とはどんな仕組みなのでしょう。

三店方式の三店とは、「パチンコ店」「景品買取所」「景品卸業者」の三店を指します。

まれに、パチンコ店・景品買取所・遊技客と勘違いしている人がいますが、遊技客ではなく景品卸業者です。

この三店で特殊景品を循環させることで、パチンコ店から遊技客へ直接現金を提供することを防ぎつつパチンコ店と景品買取所との直接のやり取りを防いでいます。

図にするとこんな感じです。

(交換所と買取所は同じです。卸は丁度いい画像がありませんでした・・・)

特殊景品は①、②、③の3つの流れがあります。

①パチンコ店→景品交換所

パチンコ店で遊技客が出玉を交換して得た特殊景品を、景品買取所に持ち込む流れです。

ここで大切なのはパチンコ店が持ち込んでいるのではなく、遊技客が勝手に持ち込んでいる、という所です。

遊技客が特殊景品を媒介することで、パチンコ店と景品買取所が直接やり取りすることを防いでます。

あくまで、パチンコ店と景品買取所は無関係でなければならないのです。

②景品買取所→景品卸業者

景品買取所から景品卸業者への流れです。

景品買取所が遊技客から買い取った特殊景品を、景品卸業者に売ります。

ここだけ見ると無意味に思えますが、③につながる大切な流れとなります。

③景品卸業者→パチンコ店

景品卸業者からパチンコ店が特殊景品を仕入れる流れです。

卸が介入することにより、買取所とパチンコ店の直接のやり取りを防いでいます。

ちなみに、景品卸業者は特殊景品だけではなく、飲み物や飴等の一般景品もあわせて卸しているところもあります。

 

この3つの流れが三店方式です。

三店方式を厳守することで、パチンコ店は「直ちに違法とは言えない」のです。

もちろん、三店方式を破れば(自家買い等)摘発されます。↓こんなのとか

 

あいまいな言い回し

先日の三店方式に関する政府の見解を見ていると、

『「三店方式」が確立したぱちんこの意味するところが必ずしも明らかではないが、(中略)規制の範囲内であれば刑法185条の「賭博」に該当しない』
(↑一番上のリンク、グリーンベルト2018/2/21記事より抜粋)

と、あいまいな言い回しをしています。

なぜはっきり「合法です!」と言わず、「違法ではない」という言い回しになるのでしょうか。

実は、三店方式は法律により明文化されたものではありません。

三店方式は、かつてパチンコ業界と警察や政府が、法律に触れないように何とかパチンコ業界を存続させ、健全化させようと創意工夫した結果であり、業界が自主的に行っているという形になっています。(まぁ破れば摘発されるので、絶対に守らなければならないのですが)

法律に載っていないシステムなので、はっきり言えないのです。

グレーなんです。

ちょっと話がそれますが、パチンコ業界の規模は20兆円を超えるといわれていますが、実はパチンコ店を運営している企業で、日本国内で株式上場をしている企業はありません。

日本の証券取引所は「三店方式の合法性がはっきりしない」ため、上場を認めていないのです。
(ちなみにダイナムとニラクは、香港証券取引所に上場を果たしています。)

三店方式がグレーな所は、たびたび議論されていることであり、いずれ法改正などではっきりされるかもしれません。

もし法改正により「三店方式が合法」と認められれば、パチンコホールの日本国内での株式上場が連発するかもしれませんね。

 

IR法成立の影響により、大きく変革するかもしれないパチンコ業界。

これからどうなっていくのか注目したいと思います。

では、また。